“紅殻色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
べんがらいろ85.7%
べにがらいろ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店の紅殻色の壁に天狗の面が暴戻な赤鼻を街上に突き出したところは、たしかに気の弱い文学少年を圧迫するものであった。
銀座アルプス (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
向う岸は倉庫と倉庫の間の空地に、紅殻色で塗った柵の中に小さい稲荷と鳥居が見え、子供が石蹴りしている。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
寒がり坊の両手は、いつも紅殻色の小蒲団の中だった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)