“紅殻塗”のいろいろな読み方と例文
旧字:紅殼塗
読み方割合
べにがらぬ33.3%
べんがらぬ33.3%
べんがらぬり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、一顧もせずに急いでゆく先の影を追って、四、五丁ほどもついて行くと、城番屋敷か柳沢家の重臣の邸宅でもあろうか、高い土塀つづきに紅殻塗りの腕木門が向うに見えます。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
灰色の壁と純白な窓掛けとで囲まれたきりで、色彩といえばただ鈍い紅殻塗りの戸棚と、寝台の頭部に光る真鍮の金具のほかには何もない、陰鬱に冷たい病室が急にあたたかくにぎやかになった。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
表の古びた紅殻塗の千本格子には「本願寺参詣人定宿××詰所」と書いた煤けた掛行燈が薄暗い光を放つて掛つて居た。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)