“紅殻板”の読み方と例文
読み方割合
べにがらいた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その山径に沿うて、落葉松などの間にちらほらと見えるつかのバンガロオも大概はまだ同じような紅殻板を釘づけにされたままだった。ときおり人夫等がその庭の中で草むしりをしていた。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)