“紅条”の読み方と例文
読み方割合
あかすじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ははん——姫様のおめしもの持て——侍女がそう言うと、黒い所へ、黄色と紅条を持った女郎蜘蛛の肥えた奴が、両手で、へい、この金銀珠玉だや、それを、その織込んだ、透通るを捧げて
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)