“糸径”の読み方と例文
旧字:絲徑
読み方割合
いとだて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
始めは繋り合う木の葉にぎられているが、次第次第に烈しく落ちて、枝がぬれ、幹がぬれ、草がぬれ、自分らのっている糸径がぬれ、果ては衣服にもる。
木曽御嶽の両面 (新字新仮名) / 吉江喬松(著)