“粂之助”の読み方と例文
読み方割合
くめのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして、同じ那谷に同行した山中温泉の少年粂之助に弟子になって、桃妖と称したのに対しての吟らしい。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すると子飼から粂之助というもの、今では立派な手代となり、誠に優しい性質で、其の上美男でござります。
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
次兄の粂之助家禄三百石の内から五十石貰って分家し、三兄の又三郎は中村参六へ養子にはいった。中村は新番組の百九十石で、なかなか羽振りのいい家である。
ひやめし物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)