“篠野”の読み方と例文
読み方割合
しぬの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠いむかしは大枝山から生野を経て裏日本へ出る駅路のあった跡だという。篠村八幡の森を中心として、この辺りを能篠畑とも、篠野ともんでいる。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「依って、道は篠野から大枝山老坂へ出る。武者立ちは、の上刻(午後五時)。はや、間もないによって、兵糧をつかい、馬にも飼い、また休息もとって、ぬかりなく時刻に備えおくように」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)