“範国”の読み方と例文
読み方割合
のりくに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぜひもない」と、尊氏はだまって、祐筆に両者へ与える軍忠状を書かせ、今川範国袖判させて「さらにめ」と、ふたりへけた。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あくる朝、ここを立つさい、彼は篠村八幡宮へ佐伯の一部を寄進して、所願成就の祈りをこめた。そのとき今川範国
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、今川範国のいさめに思いとまって、苦闘に苦闘をつづけ、やっと川を渡りえたとつたえられている。だがこの段はさて、どんなものだろうか。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)