“範実”の読み方と例文
読み方割合
のりざね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
範実などと云ふ男は、篳篥こそちつとは吹けるだらうが、好色の話となつた日には、——まあ、あいつはあいつとして置け。
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「お前の容色も劣へた。お前の才も元のやうぢやない。お前は範実義輔よりも、見下げ果てた意気地なしだ。……」
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
何時かあの範実のやつと、侍従のをしてゐたら、むらくは髪が薄すぎると、聞いた風な事を云つたつけ、あんな事は一目見た時にもうちやんと気がついてゐたのだ。
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)