“箱桟敷”の読み方と例文
読み方割合
はこさじき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をあげてを開き、中にはいると、まだ格子戸がおろされず大ランプがともされてない劇場の箱桟敷にはいったのと同じ印象を受けるのだった。