“童音”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうおん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童音”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
老骨ろうこつとは思われない若々しい居士こじ語韻ごいんのうちに、仙味せんみといおうか、童音どうおんといおうか、おのずからの気禀きひんがあるので、小文治こぶんじはつつしんで聞いていたが、話がとぎれると、遠駆とおが試合じあい決勝けっしょうが気にかかって、じッと落ち着いてはいられない気がする。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)