“童戯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童戯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
足軽町の横へはいった。足軽の子は足軽の子らしく、この辺わいわいと童戯どうぎや、童歌に満ちて道をさまたげている。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
などと、童戯どうぎの群れまでうたっているのは、みなその板倉伊賀守勝重かつしげのことだった。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)