窮苦きゅうく)” の例文
もし妾にして富豪の家に生れ窮苦の何物たるを知らざらしめば、十九二十歳の身の、如何でかかる細事に心留むべきぞ、幸いにして貧窶成長り、なお遊学中独立の覚悟を定め居たればこそ
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)