“相印”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょういん50.0%
シムボル50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“相印”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
十八史略までは素読そどくを授かった覚えのある七兵衛は、「我をして洛陽負郭二頃らくようふかくにきょうでんあらしめば、いずくんぞよく六国の相印しょういんびんや」という文句を聞いて
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
彼等……紫のハンカチを相印シムボルとする、J・I・Cの中の美人の一団は、二年ぜんから私一人を目標にして、人の意表に出る素晴しい方法で私を片付けるべく、念入りな計画を立てて来たのだ。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)