“白蛾:はくが” の例文
“白蛾:はくが”を含む作品の著者(上位)作品数
井上円了1
吉川英治1
“白蛾:はくが”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その一人は新井白蛾はくがという人である。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
突然、はッたと巨眼をいからして、羅門を睨みすえながら、ぬッくと立ち上がった眼前の人は、龍山公その人と思いのほか、白蛾はくがの眉、長い腮髯あごひげかずら被布ひふ、ふくみ綿、すべての仮面を一時にかなぐり捨てれば、それは父性愛の権化ごんげか、捕物の神かとも見える老先生、塙江漢はなわこうかんなのであった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR