“白胡麻:しろごま” の例文
“白胡麻:しろごま”を含む作品の著者(上位)作品数
北原白秋1
村井弦斎1
芥川竜之介1
“白胡麻:しろごま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白胡麻しろごま 六・九三 二〇・五四 五一・五七 一二・六〇 — 八・三六
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
夕光のさわさわ早稲わせの穂のあひにはや咲きまじる白胡麻しろごまのはな
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
それも、五匹や十匹なら、どうにでも、せいとうのしやうがあるが、前にも云つた通り、白胡麻しろごまをふり撒いたやうに、沢山ゐるのだから、とても、とりつくすなどと云ふ事が出来る筈のものではない。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)