“玻璃色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はりいろ50.0%
びいどろいろ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
午後の陽は畑地一面に玻璃色の光をいていた。
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
玻璃色薔薇の花、草間岩清水の色、玻璃色薔薇の花、おまへの眼を愛したばかりで、ヒュラスは死んだ、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)