“牽牛星”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けんぎゅうせい60.0%
ひこぼし40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして一方には中国でいう牽牛星すなわち彦星を、また犬飼星と呼ぶことは、少なくとも倭名鈔の昔からである。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
大熊星座のなかの北斗七星のこと、小熊星座のなかの北極星のこと、次には、アンドロメーダ星座、ペルセウス星座、牽牛星織女星銀河のこと、彗星のこと
山の別荘の少年 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
父は夜ごと牽牛星織女星を教へてくれた。恐らく日本中の子供たちが父の膝に抱かれて八月の夜空を、首の痛くなるほど眺めてゐることであらう。
八月の星座 (新字旧仮名) / 吉田絃二郎(著)
孰方でもよい。自分はもう/\そんなことを考へたくはない。自分はたゞ織女星さまのやうに、一年に一度づゝ、牽牛星のやうな小池に逢つてゐればよい。
兵隊の宿 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)