牽牛星けんぎゅうせい)” の例文
そうして一方には中国でいう牽牛星すなわち彦星を、また犬飼星と呼ぶことは、少なくとも倭名鈔の昔からである。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
大熊星座のなかの北斗七星のこと、小熊星座のなかの北極星のこと、次には、アンドロメーダ星座、ペルセウス星座、牽牛星織女星銀河のこと、彗星のこと
山の別荘の少年 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
もう一つ、もっと大事な意味があったように、私は子供の頃から聞かされていた。この夜は、牽牛星と織女星が、一年にいちどのう瀬をたのしむ夜だったではないか。
作家の手帖 (新字新仮名) / 太宰治(著)