“牽牛織女”の読み方と例文
読み方割合
けんぎゅうしょくじょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
特に牽牛織女の二星を連想し、今人は無数の星群としてこれを観ずる。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
その男の作った七夕の歌は、今でもこの国に残っていますが、あれを読んで御覧なさい。牽牛織女はあの中に見出す事は出来ません。あそこに歌われた恋人同士はくまでも彦星棚機津女とです。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)