“燭力”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょくりょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“燭力”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
漢青年は、こわれた天井の間から大空を見あげると、そこにはあおい大空のかわりに、もう一層の天井があって、この二つの天井の間に燭力しょくりょくの強い電球がいくつも点いているのが見えた。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それは梅雨つゆもカラリと上った七月の中旬のこと、日も既に暮れてこの比野の家々には燭力しょくりょくの弱い電灯がつき、開かれた戸口からは、昔ながらの蚊遣かやりの煙が濛々もうもうとふきだしていた。
(新字新仮名) / 海野十三(著)