清秋きよあき)” の例文
能登清秋は、その日、の判官清高に会うため、隠岐の島前から島後へ、舟で渡っていた。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)