“柔肌:やわはだ” の例文
“柔肌:やわはだ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
泉鏡花1
“柔肌:やわはだ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
柔肌やわはだに食い入るばかり、金金具かなぐで留めた天鵝絨びろうど腕守うでまもり、内証で神月の頭字かしらじ一字、神というのが彫ってある。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だが、オキチでもブタでも、とにかく、彼等の満喫するに足る柔肌やわはだのかいなに抱かれて、彼らが姫氏きしの国の甘夢にうつつなき一夜こそ、港の埠頭ふとうは戦争だった。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)