“板廊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いたろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“板廊”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
左右の肩衣かたぎぬを一斉に振って、のっさのっさと長袴の裾をさばき、磨き抜いた板廊いたろうを雁のように一列になって退さがって来る。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
こうしてはおられぬと言ってさし当りどうしようもない。剣士一統、矢鱈やたらに柄を叩いて敷台しきだいから前庭まえの植込み、各室へ通ずる板廊いたろうのあたりをガヤガヤ押し廻っていると、
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)