“朝紅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あさやけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“朝紅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そよとだに風なき夏の曉に、遠く望めば只〻朝紅あさやけとも見ゆべかんめり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
頬には朝紅あさやけ、額には夕映をまきつけてゐる女達!
季節の馬車 (旧字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)