“春靄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅんあい50.0%
はるもや50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折ふし、春靄江山江水は、絵のようだった。そして時々耳には
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
春靄が次第に晴れるに連れてすくすくと現われる山や丘の山懐や中腹から青い煙りの立ち上るのは朝炊の煙りに相違ない。朝炊の煙りの立つからにはそこにも部落はあるのであろう。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)