“早籠”の読み方と例文
読み方割合
はや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駕籠から首をつき出した田丸主水正、「おいっ! 早籠じゃ。御油までなんぼでまいるっ」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
めですから、おウ、尾州因州土州信州早籠二梃だ。いってやんねえ」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
東海道に早籠を飛ばし、自分で柳生の里へ注進に馳せ戻るところなので……。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)