“早穂田”の読み方と例文
旧字:早穗田
読み方割合
さほだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事もなき秋の真昼や穂に垂りて早穂田美稲色づきにけり
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
芋茎や立葉風傍も早や色づきぬ早穂田粳稲
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)