“早川田”の読み方と例文
読み方割合
さかはた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
渡瀬沿岸なる早川田の雲龍寺に撞き鳴らす警鐘を合圖に簔笠、糧を包みて集會せるもの二百、三百忽にして五百
佐野だより (旧字旧仮名) / 木下尚江(著)