“早午飯”の読み方と例文
読み方割合
はやひる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しろ、杉野で、早午飯二人牛肉なべをつゝいてると、ふすまに(お相伴)といふがしたとひな。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それから、女房に草鞋を買ってこさせて、早午飯を食って、身軽に支度をしてどこへか万年屋は出て行った。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)