“早午”の読み方と例文
読み方割合
はやひる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おくみはお安さんからはがきが来た翌々日、青木さんにさう言つて、少し早午を戴いて、坊ちやんをれて一寸店へやらせて貰つた。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)