“揚蔀”の読み方と例文
読み方割合
あげじとみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹の柱をい、筵編みの揚蔀に、色褪せたなどらして、並木の松の数ほど白粉の女たちが出ていて
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)