“提電灯”の読み方と例文
読み方割合
あかり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫々の手に提電灯の用意をすると、家内の者の眼を盗みながらカビ臭い土蔵脇の忍口から、颯つとばかりに荒波の中へ跳び込むやうに身を交して走り出た。
冬物語 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)