“揉躙”の読み方と例文
読み方割合
じうりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清浄無垢なる少女の節操の揉躙せらるゝのを喝采歓喜する社会は果して成立の理由があるかと憤慨して、彼は実に泣きました、丸井さん、日本ではりに虚無党を悪口致しますが
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)