“掻楯”の読み方と例文
読み方割合
かいだて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
良兼の軍は馬も肥え人も勇み、の毛もあざやかに、旗指物もいさぎよく、弓矢、刀薙刀、いづれ美〻しく、掻楯ひし/\と垣の如くき立てゝ、勢ひ猛にんに見えた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)