“探燈”の読み方と例文
読み方割合
サアチ・ライト100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はに僕を探偵と知つてるのです、其れで僕と差向の時には、必ず僕に説教するのです、彼は全然坊主ですナ、其真実の言葉が、此の心のから隅まで探燈で照らし渡る様に感じて
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)