“掛衣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かけぎぬ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“掛衣”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そしてわしは、同時に彼女の足が、白い掛衣かけぎぬの下で動いて、少しく捲いてある経帷子の長い真直な線を乱したとさへ思つた。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
屍体は長々と横になつて、手を胸の上に合せてゐる、眩ゆいやうな白いリンネルの褻衣したぎに掩はれたのも、掛衣かけぎぬの陰鬱な紫と、著しい対照を作つて、しかも地合ぢあひのしなやかさが
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)