“掛幅”の読み方と例文
読み方割合
くわいふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い時から白川楽翁侯に近侍してゐた人である。南天荘主は頃日田内の裏書のある楽翁侯の歌の掛幅を獲たさうである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
わたくしは良子刀自所蔵の掛幅に於てこれを読むことを得た。「笑迎四十六年春。椒酒三杯気愈伸。弟有悌兮児有孝。奉斯懶病不材人。己酉元日口占。源信厚。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
宸翰は大字の掛幅と色紙とであつた。是は素榛軒の祖父信階の師武田長春院の家に伝へてゐた物であつたが、武田氏は家道漸く衰へて、これを商賈の手に委ねむとした。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)