“捲返”の読み方と例文
読み方割合
まきかえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕立を遠くから望むように密にい重なる濃き者は、しき風の捲返してすくい去ろうとる中に依然としてり固って動かぬ。約二分間は眼をいくらっても盲目同然どうする事も出来ない。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)