“捩断”の読み方と例文
旧字:捩斷
読み方割合
ねぢき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遊佐はひて微笑を含みけれど、胸にはへて、はや八分の怯気付きたるなり。彼はえて捩断るばかりにそのり拈りて止まず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)