“捨之有”の読み方と例文
読み方割合
すてこれあり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上八ヶ年以前夫道十郎儀芝札の辻に於て十兵衞と申者人手に相果候處其場に道十郎のし付に捨之有しに付御疑ひ罹りしと雖も其傘は長庵方へ忘れ置たる品に相違なく候るに夫道十郎浪人のり十兵衞が四十兩餘の金子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)