“振積”の読み方と例文
読み方割合
ふりつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六尺と漸次振積んで、町や村にあるほどの人々を、暗い家の中に一切封じ込めてう雪の威力を想像すると、何と無く一種の恐怖かぬ訳にはかぬ。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)