“振当”の読み方と例文
読み方割合
ふりあて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
役の振当もあらかた済んで、さて愈々本読にかかると、延若も、雀右衛門も、そのの俳優も折角自分が楽みにして待ち設けた台辞が無いので、てんでに変な顔をしてゐるが、実をいふと