“持翳”の読み方と例文
読み方割合
もちかざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いて、附木を持翳すと、火入埋火を、口が燃えるように吹いて、緑青の炎をつけた、と、硫黄がした時です。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)