“持給”の読み方と例文
読み方割合
もちたま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なし又は下帶鼻紙等迄心付を丈夫に持給へ大方物の間違ならんによりて清き身體になるべしと力を付などする彦兵衞は奉行所へこそ引れけれ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)