“払退”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はらいの66.7%
はらひの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“払退”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と引息に声がかすれて、志を払退はらいのけられたように、ひぞりもしねたさまに、身を起してお京が立った。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けません可けません、私は大事の体です。これから出世しなくちゃなりません。信用をおとしちゃ大変です」お島は片意地らしくおどしつけるように言って、筋張った彼の手をきびしく払退はらいのけた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
手早く夜着よぎを揚げんとすれば、払退はらひのけて、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)