“打電”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だでん66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“打電”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
前報を打電だでんして、それから一時間たつかたたないうちに、わが照国丸は、沈没してしまったよ。
沈没男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「そうか。それでは空軍へすぐさま、こう伝えろ。海底超人の王子ロローなるものが、いま本船の左舷後方にいるから俘虜ふりょにするように、と打電だでんするんだ。すぐやるんだぞ」
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
報知しらせひまなく打電てる。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)