“慾情”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よくじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あやしいまでに生々しい蜘蛛と、可憐かれんな唐子の姿が、その餅肌の白さと一つになってはげしく彼の慾情よくじょうをそそった。
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
この瞬間に、藤三は自分の慾情よくじょうげられた感覚を味わった。
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)