“徳潤:とくじゅん” の例文
“徳潤:とくじゅん”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治2
“徳潤:とくじゅん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ときに一議席からこう提唱した者がある。闞沢かんたくあざな徳潤とくじゅんであった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彭城ほうじょう曼才まんさい会稽かいけい徳潤とくじゅん沛県はいけんの敬文、汝南じょなん徳枢とくすう、呉郡の休穆きゅうぼく、また公紀、烏亭うてい孔休こうきゅうなど。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)