“復讐:あだがえし” の例文
“復讐:あだがえし”を含む作品の著者(上位)作品数
巌谷小波1
“復讐:あだがえし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今大王ゆきかれを打取たまはば、これわがための復讐あだがえし、僕が欣喜よろこびこれにかず候」トいふに金眸いぶかりて、「こはしからず。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
その勢にこれ見そなはせ、尾の先少しみ取られて、痛きことはなはだしく、生れも付かぬ不具にされたり。かくては大切なるこの尻尾も、老人としより襟巻えりまきにさへ成らねば、いと口惜しく思ひ侍れど。他は犬われは狐、とてもかなはぬ処なれば、復讐あだがえしも思ひとどまりて、意恨うらみのんで過ごせしが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)